あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

(たぶん)初めての劇場先頭入場

2019.10.05.Sat.
パジャマドライブ」公演(夜)
AKB48劇場

 

f:id:dd110kin:20191006225736j:plain

 

国内全劇場制覇を密かに目指していた9月に到達できていなかったAKB劇場に少し遅れて当選しました。休み明けの新しい職場での生活で疲れて昼過ぎまで寝て過ごし、ギリギリの時間でのチケット購入になったところ、末尾0でビンゴ1順! 初めて先頭入場することになりました。

 

ステージの0番を左肩にする最前中央上手ポジで観戦。少し間が空いたとは言え、平均する1ヶ月前後で観ているはずの『パジャマドライブ』公演が少し新鮮に観えてきました。250名ほど入るAKB劇場も、花道を除いての死角がないのは中央の最前だけ。ぜいたくな眺めを堪能させていただきます。

 

中央で目にする機会が多いのは、小林蘭さん。最近昇格して自信もついてきているのか、パフォーマンスが堂々としていました。この子のダンスはデビュー当初から好きで、劇場公演のときはいつも観てました。身体をバネのようにして踊りながら、お客さんと遊んでくれるかのように楽しそうに踊っているのが印象的です。ところが、パジャドラ公演になってからは少しおとなしめに調整しているように見えていました。それが少し物足りないようにも感じていたところは個人的にあったのですが、もう1年近くこの公演をやってきていて、今の踊り方にも自信があるように見えました。抑えながらもブレない腰の位置。その安定した基盤から動かす手足の動きは観ていてとても楽しかったです。

 

この日は他にも昇格が決まったメンバーたくさんいたり、先輩メンバーがたくさんいて、一番いい位置でいろんなメンバーを観ることができてとても楽しかったですね。長友彩海さんは、研究生の頃よりも中盤曲では凛々しい表情を魅せてくれつつも、ポップな曲ではさらに進化した楽しそうな笑顔を見せてくれました。

 

そしていま「劇場メン」で女王の座にいる村山彩希さん。とはいえ研究生公演中心に観ていたので、劇場で観るのはものすごく久しぶりで。やはり彼女はずるいですね。彼女自信の凄さ以上に、共演しているメンバーや客席のヲタクたちがそのことを意識していることによって彼女が注目の渦の一つになります。後輩であろうと曲中やMCで絡んでいこうとするし、コールもひときわ大きいわけで。そんな彼女とユニットを組んだ『てもでもの涙』での齋藤陽菜さんがゆいりーに負けない気迫のパフォーマンスだったのが印象的でした。彼女がいると一段と引き上がりますね。

 

アンコールでは最新シングルの『サステナブル』を披露しているわけですが、ここでのセンターはチームBに昇格した佐藤美波さん。これまであまり変えられなかった髪型をアレンジさせて、持ち前の明るい笑顔をこの曲でも観せてくれました。成長して昇格メンバーもたくさん輩出してきているこのパジャドラ公演を象徴しているように感じて、アンケートではMVPに選択しました。

 

 

さて、これだけ特等席で楽しませてもらった公演ですが、お見送りでは認知をもらうほど通っている子がいないのであっさりの通過。知った顔的な子がいないと満足できない身体になってしまいました。ライブとは別にある握手会に通い切る気になってない自分が悪いんですけどねw

 

これはたぶん、ステージの向こう側も同じなんですよね。知った顔を見つけに行って安心することもあれば、逆に知らない顔にも積極的にアピールをしていくこともある。認知もらって通い詰めるほど接触意欲がなくても、後者の楽しみってあったりするんですよね。なんだか最近は48も前者的なスタイルを取る子が地盤を固めていく流れがある気がしますが、後者のスタイルも僕はまだまだ感じてゆきたいです。

 

……とはいえ、そろそろパジャマドライブは終えて、チーム公演で先輩たちを改めて観にいきたいところです(笑)。

 

 

team B 3rd stage パジャマドライブ [DVD]

team B 3rd stage パジャマドライブ [DVD]