あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

気持ちが忙しいってこういうことか

2019.03.31.Sun.

TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2019

@横浜アリーナ

 


f:id:dd110kin:20190331215136j:image

(写真はハープスター公式Twitterより)

 

AKB48庄司なぎささんの新グループ「ハープスター」での再デビューとそのお披露目ステージに行ってきました。

 

TOKYO GIRLS MUSIC FES.という、TGCの音楽フェスということでチケットも高めの設定、NMB48が出演するとはいえ、基本は女性アイドル現場とは違う雰囲気を久しぶりに感じました。

 

そんななか、開場後30分頃入場。コンコースをふらふらしてたら、オープニングアクトが始まっていて。これは中に入ったほうがいいと思い席に着いた瞬間、『ハープスター』の文字が大型モニターに映されて。

 

「間に合った……」

 

とホッとする間もなく、曲の披露が始まります。

 

おそらくオリジナルの楽曲なのかな? ピアノの音をたくさん使った、最近のアイドル界隈でも好まれそうな雰囲気に上品さも少し乗せたような音。

 

なぎゅちゃん発表のリリースの写真ではセンターでしたが、曲中ずっと真ん中にいるというわけではなく。歌割りが歌唱に特長のありそうなメンバーが他にいたので、そちらのほうがメインには見えたかな? ダンスフォーメーション的には真ん中にいるときも多めにありつつといった形。

 

ダンスはAKBでよく見た縦ノリよりももう少し手脚を大きく伸ばすような振りが多かったので、当時とは少し違った一面が見れました。なにより当時はソロでの歌割り、しかもあてがわれた曲はほとんどなかったわけなので、そのときにはすごく楽しそうに踊りながら歌っていたように見えました。

 

そんなこんなで、あっという間にオープニングアクトでのハープスターの出番は終わり。

 

5分程度でしたかね。一瞬でした。

 

一瞬すぎて、よく消化できていません。

 

本編開演後すぐにNMB48の出番があったので、久しぶりにNMB48の選抜を観るなぁ、後ろから太田夢莉ちゃんへ黄色い声援が飛んでるなぁとか感じつつ、なんだかフワッとした気持ちのまま、今これ書いてます。

 

 

ハープスターが今後どうなるのかは、現時点でまったく情報が出ていないのでわかりません。

 

メジャー的に接触はあまりない方針で行くのか、地下の対バンにもどんどん出ていくような方針になるのか。どっちのほうが自分は幸せかなと考えてもよくわからないので、ひとまず待ちでしょうか。

 

ただ、去年の後半はなんだかしんどそうな顔もよく観ていたので、今日のステージを楽しそうにやっていたなぎゅちゃんが観れたのは確かで。

 

それを観れただけで、まずはよかったです。

 

そこにはホッとした自分がいます。

 

それにしても、感情の忙しい1週間だったな…。