あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

“遊び”と次に観たい人。 - 『今夜、あの橋の下で。』

久しぶりにコント劇を観に行ってきました。SKE48大人のカフェのコラボ公演『今夜、あの橋の下で。』です。初日の夜と、楽日の昼の2公演を観に行ってきました。


f:id:dd110kin:20190728200320j:image

 

SKE48ブラウザゲーム、『Passion for you』のリクエスト企画で上位5名が出演できる公演で、同じくアイアが提供しているHKT48でも同様のコラボがあったところを、今回はSKEがという公演でした。

 

昔の彼女と10年ぶりに再開して、「また“あの橋”で会おう」と告げられて別れる。しかし、“あの橋”ってどこだろう? 

 

という“あの橋”を巡るストーリーを軸に、コントをたくさん挟んでいくオムニバス形式のコント劇。スポンサーがアイアで、本の細かいところも今回出演した、竹内彩姫さん・白井友紀乃さん・斉藤真木子さん・松本慈子さん・惣田紗莉渚さんのそれぞれに合わせたり、SKE48のネタを細かく仕込んでいたり、非常にサービスのよい公演でした。 

 

サインボール投げ、物販登場、お見送り、チェキ抽選など、僕らヲタク側にもサービスがたくさんあって、ヲタクとしての満足度も高い現場だったんじゃないでしょうか。HKT公演を観に行った方の評判は聞いていたのですが、まさにその通りでしたね。

 

HKT公演も映像化されてないんですが、今回も権利的に映像化できる気があまりしない要素がもりだくさんなので、その意味でも来てよかったです。HKTのように地元凱旋の名古屋公演も視野にあるようなので、今回観に行けなかった名古屋のヲタクもその時はぜひ行ってみるといいんじゃないかと!

 

そうそう、HKTのときに聞いていた話と違う点があって、アドリブがSKEメンバーは少ないみたいだということ。真面目か!って思いました(笑)。

 

アドリブってすればいいってもんでもないので(たとえばHKTではやりすぎって話もあったみたいです)、それでどうってことではないんですけど、そこもSKE48らしいなと感じました。

 

そんな中で気になったのは、これまでタイミングが合わずガッツリのステージは観たことがなかった、9期生の白井友紀乃さん。

 

声の出し方もいいし、思い切りも若い加入期のメンバーにしてはとてもいい(スクールなどのプレキャリアはある)ので、見ていて気持ちよかったです。

 

SKE劇場はしばらく行かないかもなぁと思ったいたのですが、彼女が公演出るようになれば『手つな』あたりを観に行ってみようかしら、という気分にはなってきました。

 

観に行けるかしら。