あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

(0620-22気になる記事まとめ)ウルグアイ戦分析/佐藤寿人と広島カープ/サマステどうしよ/アクアノート など

結局風邪の後遺症が続いております。感染症流行ってるみたいなので、お気をつけて。

 

 

サッカー・スポーツ関連


【戸田和幸&下田恒幸が日本vsチリを徹底解説】The Focus #2|コパ・アメリカ2019 「ウルグアイ代表×日本代表」|6/21(金) 8:00 Kick Off|DAZN特別コンテンツ】

前回の紹介から漏れたチリ戦解説記事。

 

そして現地時間20日、日本時間21日朝に行われたウルグアイ戦の解説記事。


僕の感想も少し。上の記事でも言う通り、ウルグアイ戦でバラバラだった戦い方を修正してまとめて来たところが、素直な4-4-2で入ってきたウルグアイにハマったのだと思います。

 

主な修正としては、(おそらく個の判断で)攻め残りしていた左サイドハーフの中島が、もう少し守備の意識を強くしたところと、右サイドハーフをFWとして前線に飛び出していく前田からより中盤的な三好に変えたところ。この2人がスタートのポジションを崩しすぎずに攻めて、守りにもすぐ戻れるようになったことが大きいです。

 

チリ戦では、攻撃のときに前線中央に人が渋滞していて、かつボールが奪われた際にも戻りが甘いので残った中盤2人が無防備な状態でしたが、今日はスタートポジションに戻りやすい攻撃の仕方をし、かつ奪われたらそこに戻ることが統一されていたように思います。これが同じフォーメーションのウルグアイにピタリとハマったのだと思います。ウルグアイはフォーメーションの隙間を崩すような動きもあまりなかったですしね。そのぶん、強力な2トップに放り込んできました。

 

あの2段ロケット砲のようなカバーニスアレスの2トップによく耐えました。特に終盤は本当によく耐えました。しかし勝ちたい試合だったなぁ。 

 

3回優勝した広島でレジェンドになった佐藤寿人ジェフ千葉出身なのにそんなに広島が好きになってたんだ…。いつかSTU48号でお会いする日もあるのでしょうか。 

 

ウルグアイ戦の日本代表の4-4-2にように3つのラインを作るのが昔からのセオリーですが、ここ数年は四角形あるいは五角形、六角形を組むようにして守るチームもトレンドになってきているようです。勉強になります。

 

まだ日本に来て1年経っていないフェルナンド・トーレスが引退発表…。今日会見があるそうですが、もう少し観たかったなぁ…。まだ生で観てない。。

 

 

 

 

アイドル・エンタメ関連

テレビ朝日六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE」出演決定! | ニュース | HKT48 OFFICIAL WEB SITE

SKEやAKB、HKTもテレ朝のサマステ出演が発表されました。HKTにシフトしつつあるので観に行きたいと思うものの、メンバーが発表されないと行くのは迷うところ。大人数グループ推してるとこういう心理になるので、チケット申し込み時点で調整してほしいですよね。 

 

 トップにも載せましたが、ヲタ友におすすめされて対バン観ても気になっていたアクアノートのAKIBAカルチャーズ劇場定期公演の初回に行ってきました。やっぱり対バンよりも単独公演でゆっくり観るのがいいですよね。若い子が多いのもあって、ゆっくり観ていきたい感じ。9月のアルバム発売に向けたリリイベも増えているみたいなのでご参考にどうぞ。

 

 

 

 

その他

 中野とか杉並とか、気になる呑み屋さんちょいちょいあるんですよね。ただ、東京の東側に住んでいるとなかなか足が遠のきます。機会見つけて行きたいなぁ。

 

 

東京格差 ──浮かぶ街・沈む街 (ちくま新書)

東京格差 ──浮かぶ街・沈む街 (ちくま新書)