あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

アイドルには必須な感情、だと思ってた。

2018.11.28. Tue.
SKE48 チームS 「重ねた足跡」公演 岡田美紅生誕祭
SKE48劇場

f:id:dd110kin:20181129164123j:image

 

「私は、嫉妬という感情が嫌いです。嫉妬を抱くのも、抱かれるのもめんどくさい。ずるいという言葉が好きじゃないんです」

 

こんな言葉をまさか生誕祭の場で聴けるとは思わなかった。

 

岡田美紅さんが出る公演か、セットリストが替わったチームKIIの公演に絞ってほぼ休日に絞って投げていたら、およそ半年ぶりのSKE48劇場公演になってしまった。とはいいつつ、諸々の配置などの記憶はやはりここが一番勝手知ったる感じなので、身体には残るもんだ。

 

ビンゴ運はむむむな15巡。一見立ち見最前は埋まっていたように見えたので、そちらのみなさんにお任せして座りの最後尾からやるぞと思っていたけれど、回ってみたら下手側の立ち見が1人分だけ空いていた。その横の知人に滑り込ませていただく。

 

生誕企画で驚きの40連コール(しかも1曲目!)があり、冒頭から声が出なくなった(笑)。去年の劇場デビュー半年も経たないうちには「私のファンはおとなしい人が多いから」とSHOWROOMで言っていたのが嘘のよう。この半年くらい自己紹介では「ヨロシクオネガイシマース!!!」と喉がつぶれそうなくらい思い切り叫ぶようになった美紅ちゃんが、「コールたくさんして盛り上げてくださいね」とメールやら影アナで言うんだもの、ブチ上げたいですよ、そりゃ! 

 

1曲目の『Gonna Jump』から飛ばしていったん喉が潰れて、そのあともそのまま声を出し続けていたら、ユニットパートの終わりにはいよいよコールができない瞬間が訪れた。今までも何度も生誕祭だからと気合い入れてコールで叫びまくったことはあるけれど、こんなのは初めてかもしれない。まだここまででセットリストの約半分なんですもの。

 

そして訪れた生誕祭のスピーチ。急に屈み込んで何を始めるのだろうと思ったら、なんと靴からスピーチ用の原稿を取り出した。前週の握手の際には「まだ何も準備できてない。どうしよう!」と言っていた何枚も重ねたその言葉は、ほぼ眠らずに書き上げたらしい。

 

その中で話していたのが冒頭のフレーズ。

 

akb48.blog.fc2.com

 

僕も気づけば長くこの大人数グループアイドルを見続けている。アイドルをやる子たちは自分が一番というプライドをどう口頭で表現していても隠せないし、だからこそ嫉妬の感情が深いし、そもそも自分がかわいいと思っている女の子の集団なわけで、そりゃあるだろうという。ときには僕らにははっきりとは見えない形で黒いものとして漏れ出てくる。それがわかるようになってきた。そしてこれはAKB的な底からの上がり方に重要な感情で、総選挙で普段の人気や推され度合いを超えてヲタクに押し上げさせるのは、この感情の吐露をうまいようにやることが必須要件になってきている。あいつなにくそ、という悔しい想いを報わせれてあげるために、ヲタクが立ち上がるわけだ。

 

ただし、この感情に付き合っていると、疲れる。充実感があったとしても、反動がしばらくするとやってくる。正の感情がないとまでは言わないけれど、どこか無理をしてしまう気がする。もしかしたら個人的な事象なのかもしれないけれど。

 

そういった嫉妬であったり負の感情をエンジンにすることはしないという宣言したのがこの日の生誕祭での美紅ちゃんだった。

 

悔しさをバネにしたエンジンで動いているのが今のSKEという言い方もできると思う。ヲタク側もそれに反応しやすい人がそろっているからこそ、嫉妬的な思いを吐露しない場合は、「そういう話をしたほうがいい」という思惑と指摘が生まれる。これは、メンバー側にあっても生存戦略としてそうだし、ヲタク側もその生存戦略に乗る"べき論"になりうる。

 

48グループの中でも特筆してこの文化が発達したSKEにいる中で、上を目指していこうとする彼女が嫉妬の感情との決別を宣言したということは、本当に覚悟のいることなんだろう。当事者ではない自分には計りかねないが、とても大変なことだということくらいはわかる。

 

モノマネをはじめ、グループ内にはライバルの少ない独自の道も切り開こうとしているところだし、他とは違う歩みを進めているという意味でも、実感も少しずつ持ててきているのかな。

 

そこに、ほんの少し(…0.1ミクロンくらい?)でも貢献できていたのなら、応援していてよかったと心から思う。

 

 

Stand by you(TYPE-A)(通常盤)(CD+DVD)

Stand by you(TYPE-A)(通常盤)(CD+DVD)