あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

[DMM生視聴記録]2015.03.19 SKE48チームE『手をつなぎながら』小林亜実劇場最終公演

こんにちは。いときんです。

ミュージカル『AKB49』の感想を書き溜めている間に、やってきてしまいましたよ…こあみの卒業公演。。

この日は18時開演で定時ダッシュして帰宅しても開演から1時間近く経ってしまうため、職場近くのネットカフェで観ておりました。バッファが起きないよう、オープンシートにしかないハイスペックPCを選択。ちょっぴり恥ずかしい気もしますが、関係ねいやい!

 

影アナ

開演前のすでにこあやのビジネス不仲が全開!

 

『僕らの風』~『マンゴーNo.2』~『手をつなぎながら』~『チャイムはLOVE SONG

こあみの卒業公演ということで、こあみとの時間を楽しもうという時間を感じられましたね。なかでもさーなんは、こんなにじゃれる子だったかってくらいにこあみにちょっかい出してましたね。

 

自己紹介MC

ここでもこあみ、っていうかこあやとの思い出がいっぱい(笑)。谷真理佳さんの紹介で舞台裏映像を撮影中のかおたん(松村香織)もチラリ。

 

ユニット曲

この胸のバーコード小林亜実(センター)、磯原杏華、酒井萌衣

こあみは今日は『この胸のバーコード』と、『チョコの行方』に出演。『この胸のバーコード』での長身トリオの美しさは最後なのが本当に惜しまれます。欲を言えば、この体制での『雨のピアニスト』のベースをつくった1人はこあみだと思うところもあるので、雨ピを見たかったなぁという気持ちもありました。

 

ユニット後MC

ミュージカルによる休演でしばらくぶりの公演になった梅本まどかさんが、トレードマークのチアダンスを久々に披露。高まりすぎてなんと新作! 『エンターテイナー』でした! 梅ちゃんがいるととにかくステージが楽しくなりますね♪

 

『Innocence』~『ロマンスロケット』~『恋の傾向と対策』~MC

 

このMCでもこあやネタ多し。もうこあみだけでなく柴田阿弥ちゃんも卒業しちゃうんじゃないかって思うくらいですよね。

 

『大好き』~アンコール

途中挟まれる2分半映像、『KOAYA THE FINAL』は、今回もこあやの2人がケンカ。今回は『手紙のこと』をBGMにしながらずーっと口ゲンカしていたところを、2人が立ち去った後にはお互いに感謝とエールを送る手紙を残す、というズルすぎる設定…。その後の『遠くにいても』はもうズルい、ズルすぎる。。2分半映像は近々公式YouTubeにアップされると思いますのでお楽しみに。

 

SKE48 - YouTube

 

ダブルアンコール

最後のダブルアンコールの流れは、もう完成されてましたね。SKEヲタにはなじみが薄い『タンポポの決心』は、彼女が自らのことをタンポポにたとえていたことがあったそうで、歌詞を噛み締めながら聴いてみるとまたこあみにフィットします…。落ちサビを一部抜粋。

気づかなかったタンポポ

揺れている

誰の心の中にも

ささやかな

その可能性

日常に忘れていたよ

思い悩み落ち込んだ寒い日々

当たり前の躓きに

立ち上がる

若き力よ

弱さもいつの日にか

強さになるんだ

タンポポの決心』AKB48 teamB 『アイドルの夜明け』公演より

 

タンポポの決心(Team B)

タンポポの決心(Team B)

 

『思い出のほとんど』というこれも前田敦子高橋みなみという限られたシーンでしか歌われてこなかった曲を、こあみもあやちゃんもすごく想いを込めて歌うんです。。この曲だけでもアーカイブ購入する価値があると思いますよ。この曲でメイクがぼろぼろになるくらい泣いて以来、公演が終わるまでずっと泣いていたあやちゃんが印象的でした。

 

 

そして最後は初代のチームE推しの方々にはおなじみ、チームE2nd公演『逆上がり』のラスト曲、『To be continued.』です。決して終わりなんかじゃないという決意と送り出しの歌を、当時のチームEのメンバーで歌うということに意味があります。。つくづく、チームEはいいセットリストをもらったなぁと思う次第…。この曲と、E1stだった『パジャマドライブ』の『白いシャツ』は初代チームEメンバーが卒業する時はいつも思い出します。。

 

 

To be continued.

To be continued.

  • SKE48(Team E)
  • J-Pop
  • ¥250

 

卒業発表以来、ずっと気になっていた進路でしたが、最近のメンバーでもあるパターンになっていた概要発表という段階ではなかったようで。ただ、限りなくそれに近いことは言ってましたよね! 

 

僕は、今の48グループ(特に、地方)にいながらにして個人の仕事をバンバン取ってくるのは短期的な改善は見込めないと半ばあきらめの境地にもいます。

 

でも、選抜であろうとなかろうとSKEで3年、4年鍛えてきた力を、卒業後に活躍する場がたくさんできているのであれば、それは逆説的にSKE48の価値が高まると思うんです。同じようなメッセージをドキュメンタリー映画からも(勝手に)受け取りました。

 

48という偏った世界の中では、実らなかったことも多かったと思います。SKEヲタ以外には知っている人も多くなかったかもしれません。でも、パンにラジオにこあやネタに、仕掛けてきた数の多さと熱意は卒業してから活きるはず! むしろ卒業してからの方が活きるところ、あると思うんです。

 

僕は卒業に「おめでとう」とは、どうしても言えません。

 

でも、卒業後も、活躍を楽しみにしてます!とは言えるような人でありたいっす。SKEをこれからも応援し続けるエゴとして。。。

 

……こあみのリアルに作ったパンが食べられるようになるといいなぁ…。

 

最後の全国ツアー沖縄公演行かれる方はぜひ楽しんで♪

 

 

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中 (タウンムック)

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中 (タウンムック)

 

 

 SKE劇場の配信はこちらから見てます。

SKE48 LIVE!! ON DEMAND