あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

第5回AKB48選抜総選挙ガチ予想!…の解説(フューチャーガールズ編)

こんばんは。いときんです。

 

こちらに書いた第5回AKB48選抜総選挙の解説をこちらのブログでやっていきたいと思います。

 

今回はフューチャーガールズ。49位から64位までの順位に予想したメンバーの解説です。

 

予想はこんな感じ。

 

49位:松岡菜摘(HKT48チームH)
50位:岩立沙穂(AKB48研究生)
51位:岩永亞美(SKE48チームE)
52位:松本梨奈(SKE48新チームK2)
53位:茂木忍(AKB48研究生)
54位:片山陽加(AKB48チームB)
55位:下野由貴(HKT48チームH)
56位:村山彩希(AKB48研究生)
57位:小林亜実(SKE48新チームK2)
58位:新土居沙也加(SKE48チームS)
59位:入山杏奈(AKB48チームA)
60位:橋本燿(AKB48研究生)
61位:大家志津香(AKB48チームB)
62位:高橋朱里(AKB48チームA)
63位:大矢真那(SKE48チームS)
64位:村重杏奈(HKT48チームH

 

ここに登場するメンバーはほぼ初ランクイン。いくつかのグループに区切って解説します。

 

●AKB研究生の躍進

あまり陽の目を見ないAKB研究生たちですが、個別握手券の売れ方を見ると、かなりヲタたちに気合いが入っているように見えます。握手券の売れ方だけを見ると、AKB正規メンバーの中堅どころよりも、すごい勢いで売れてます。NMBの選抜メンバーを凌ぐレベル。その勢いで速報入りして、周辺票も投入されていくのではと思ってます。

 

●粘りのAKB正規メンバー

ここでランクイン予想しているAKBメンバーには二種類あって、前者は握手会や公演に積極的に参加するヲタ(以下、ヲタ層)が頑張るパターンで、後者はテレビ中心のファン層(以下、ファン層)が投票しそうなパターン。後者は入山さんで、他のメンバーはヲタが頑張りそうです。大家さんはゴールデン番組のレギュラーを持つなど露出は頑張っているのですが、それほどファン獲得には結びついてなさそうです。入山さんは最近の露出増加で美形なフェイスがテレビで認知されたよう。いかに速報に入る時点で投票するかどうかにかかっているような気がします。速報に入らない場合はランク外もありえそうです。

 

●躍進するSKEの非選抜メンバー

つうちゃんこと岩永亞美さんとこあみこと小林亜実さん、さやこと新土居沙也加さんが初のランクイン予想。こあみ界隈はネットでは有名なヲタの動きを知っていたんですが、そのがんばりが数字にも現れてますね。その勢いで速報入りは確実そう。界隈の動きをまったく知りませんが、つうちゃん界隈もさやちゃん界隈も頑張っているのが握手券の完売状況に現れてます。まつりなこと松本梨奈さんはファン層の人気もあるみたいで、相乗効果でランクインしそうです。過去2回は握手人気をものともしない上位進出で「大矢教」といわれる大矢真那さんですが、今回は他ヲタの個別握手券の勢いに気圧されそう。ただし、「大矢教」信者なら握手券なしCDを買いまくるという行動に出たらいつも通りの上位進出もありえます。

 

●今年は来る来るHKTチームH

大方の予想では「HKTは関東での露出が増えて人気は上がったけれど投票には結びつかないのでは」という意見が多いですが、僕は「意外と投票に結びつく」と感じています。それは、去年までは「握手人気≠投票数」でしたが、今年は劇場盤にも投票券が封入されるため、握手人気が大きく左右する選挙になるからです。ここにランクイン予想した子たちの売上の勢いはすごいです。それに加えてテレビ露出で得たファン層の人気も得ている。ヲタ層が結束しているかどうかはわかりませんが、もし結束しているとしたら速報には入るでしょう。速報に入ればファン層と周辺票が流れこむのが予想されます。HKTの子たちは速報の重要性がより高いと言えるかもしれませんね。

 

今日はこんな感じで。異論・質問・反論などどしどしコメント欄やTwitter @dd110kin までお待ちしております。

 

総選挙予想の全体像と予想方法はこちら

シングル選抜メンバーの予想解説はこちら

アンダーガールズの予想解説はこちら

ネクストガールズの予想解説はこちら

 

AKB48総選挙公式ガイドブック2013 (講談社 Mook)

講談社 (2013-05-15)
売り上げランキング: 2