あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

第2回アイドル楽曲大賞2013、この曲に投票しました。

アイドル楽曲大賞とは

表題の件、もともとハロプロヲタの方々が始めた『ハロプロ楽曲大賞』ってのが以前からあったみたいで、昨年からハロプロ以外の曲が『アイドル楽曲大賞』として独立して開催されるようになったそうです。ネット上で投票を受け付けて、12月に阿佐ヶ谷ロフトAで開票イベントを行うというものです。

投票方式は「メジャーアイドル楽曲部門」「インディーズ/地方アイドル楽曲部門」「アルバム部門」「推し箱部門」と分かれていて、各部門ごとに数曲ずつ選出し、ポイントで重み付けをつけていくという形になります(タワレコのT-Palette Recordsは「メジャー」として分類、「推し箱」は1つのみ)。 

投票サイトはこちら:第2回ハロプロ楽曲大賞2013

僕も昨年初めて投票したのですが、締め切り間際に急いで投票したのでメモも取らずにいたので、今年はしっかりと記録に残そうと思い、ブログに置いておくことにしました。

 メジャーアイドル楽曲部門

5位『サマーライオンアイドリング!!!:0.5pt


【天皇杯36分間耐久】サマーライオン!!! 【FC東京】 - YouTube

「アイドルヲタ的に」というよりはサッカー好きとして影響があった曲として投票しました。↑の動画を見ればわかると思いますが、Jリーグ屈指の観客動員数を誇るFC東京のゴール裏ではこの夏以降この歌が鳴り止みません(笑)。 

サマーライオン

サマーライオン

 

4位『Growing Up』PASSPO☆:1.5pt


Growing Up - PASSPO - YouTube

インディーズ時代の名曲『Pretty Lie』とセットで「3年間温めた曲」として、ここに至るまでの個々のメンバーのヒストリーにスポットを当てたプロモーションが憎い。純粋に楽曲としてもイントロのストリングスが印象的で好き。まだ現場で聴けてないので年末のフライトが待ち遠しいですね。

Growing Up

Growing Up

 

3位『君の名は希望乃木坂46:2pt


乃木坂46 『君の名は希望-DANCE&LIP ver.-』 - YouTube

生田絵梨花さんのピアノ伴奏バージョンが素晴らしすぎる。幕張での全国握手会後の東日本大震災復興支援チャリティーライブでは3.11へのメッセージが重なって涙しちゃいました。アイドルソングとしてはここまで清らかに高揚できる曲は他にないと思ってます。 

君の名は希望

君の名は希望

 

2位『それを青春と呼ぶ日』SKE48(旅立ち卒業組):2.5pt


2013/1/30 on sale 11th.Single それを青春と呼ぶ日 MV(special ...

SKE48にとって今年最も大きかったできごとがこれ。念願の紅白歌合戦単独出場が叶った直後に控えていたのが、この8人の大量卒業発表でした。その発表直後に卒業した僕の推しメンの秦佐和子さんも含めると、ほとんどがSKE48を劇場であったり選抜として支えてきたメンバー。「支店での活躍とは一体」と考えさせられます。ただ、そんな複雑な想いは置いておいて、この『それを青春と呼ぶ日』を象徴に据えた春の日本ガイシホールコンサートは最高の「卒業式」でした。涙が溢れて止まなかったあの日は、きっと僕にとってこの先もずっと最高の卒業コンサートになるんだろうと思います。その思いを込めての投票です。 

 

1位『恋するフォーチュンクッキーAKB48:3.5pt


【MV】恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式] - YouTube

SKEの感動するコンサート体験を超える曲として、この曲を推さないわけにはいきません! 発売したのが8月で、12月になっても未だに話題になっている楽曲は、この時代に置いて超稀有な存在です。アイドルの楽曲としてはモーニング娘。の『LOVEマシーン』、AKB48ヘビーローテーション』に並ぶ存在感でしょう。昨今はロックもポップスも「ライブで沸きやすい曲」が重視されてテンポが速い曲が多い中、昔のディスコ調サウンドを持ってきて、テンポも振り付けも踊りやすくするという仕掛けがいい違いを出しました。また、これが去年の「文春スクープ」での博多移籍から総選挙1位を取った指原さんが歌ってることが超重要。彼女でなければ「みんなで踊ろう」になれなかったはずです。2番のBメロが物語を知ってれば胸に来ます。

 

恋するフォーチュンクッキー

恋するフォーチュンクッキー

 

インディーズ/地方アイドル楽曲部門

すみません。今年は48中心でインディーズアイドルはほとんど聴けてない/見れてないので、ここでは投票楽曲を貼っておくのみにします。

3位『いちごハカセ』とちおとめ25:0.5pt


いちごハカセ/ とちおとめ25 - YouTube

3位『花魁サンダーfeat. MASSATTACK from SPONTANIA / アスタラビスタ』まなみのりさ:0.5pt


TIF 2013 - YouTube

3位『未来世紀 eZ zoo』リンダⅢ世:0.5pt


リンダⅢ世 - 未来世紀 eZ zoo [Live ACT] - YouTube

2位『冬の魔法』RYUTist:2.5pt


冬の魔法 - YouTube

1位『Beat Goes On! ~約束の場所~』RYUTist:6.5pt


【PV】 Beat Goes On~約束の場所~ RYUTist(りゅーてぃすと)| 新 ...

RYUTistの『Beat Goes On』は超名曲だということだけは書かせていただこうと思います。

Beat Goes On! ~約束の場所~

Beat Goes On! ~約束の場所~

 

アルバム部門

3位『TRFリスペクトアイドルトリビュート』IRF:1pt


TRFリスペクトアイドル達 - EZ DO DANCE - YouTube

TRF20周年を記念してエイベックス所属のアイドルがTRFの曲をミックスして歌ったミニアルバム。小学生の頃TKサウンズで育った僕としては耳馴染みのいいメロディーにアイドルちゃんたちのかわいい声が乗ってるのがたまらないです。一方でBiSなんかは自分たちの色を出すMIXもしてたりして楽しいミニアルバムです。

TRFリスペクトアイドルトリビュート! !  (ALBUM+DVD)

TRFリスペクトアイドルトリビュート! ! (ALBUM+DVD)

 

 

2位『てっぺんとったんで!』NMB48:2pt


【MV】12月31日 / NMB48 [公式] (Short ver.) - YouTube

さすがに↑のMVを観た時は引いちゃいましたね。ここまで露骨に運営側から紅白出場を願うのかと。だって全員土下座する振りですよ。当初はメンバー自身も戸惑っていたようですが、今となっては夢が叶ったのでよかったです。アルバムとしては、現在はチームがバラバラになった山本彩山田菜々横山由依の『太宰治を読んだか?』は物語的にも歌詞的にもいい曲です。 

 

1位『Melody Palette』Negicco:3pt


Negicco / Melody Palette (全曲試聴) - YouTube

もう最近はiPadで曲を聴いたり、ライブやライブDVD以外では曲は単体でしか聴かないんですけど、このCDは音盤として聴いていて楽しく幸せになれる曲ですね。きっと90年代にシブヤ系(ですよね?)が好きだった人にドンピシャだと思うんですが、そんなの知らない僕にとってもこのアルバムは大好きです。中でもメンバーが作詞に参加した『ネガティブ・ガールズ!』はNegiccoらしさが詰まってます。「シアワセなネガティブ」ってやつですかね。とにかく買いです。 

Melody Palette

Melody Palette

 

推し箱部門

SKE48

これについてはもう揺るぎないものになりましたね、今年は。昨年はアイドル界全般への興味を拡げようと好きなアイドルがたくさん増えましたが、今年は「なんだかんだ言ってもやっぱりSKE!」と思える年でした。DMM.comでの劇場公演配信を毎日観て、そこで卒業発表に落ち込み、日本ガイシホールのコンサートでは大泣きしてメンバーを送り出して、武道館ではSKEのエネルギーを感じて。握手会に行く機会こそ減りましたが、やはり好きなのはSKE48です。

 

以上、自分の投票結果です。メジャー楽曲部門については候補曲が挙がりすぎて迷っていたので、気が向いたらまたブログにアップしようと思います。