あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

久しぶりの栄のリクアワはいいもんだ。


f:id:dd110kin:20180917093424j:image

2018.09.16-17. Sat.-Sun 

SKE48リクエストアワー セットリストベスト100 〜メンバーの数だけ神曲はある〜 名古屋市国際会議場 センチュリーホール

 

3年ぶりの開催になったSKEのリクアワに行ってきた。チケットの競争率はおそらく3年前よりだいぶ下がっている上に、チケットの当選にだいぶ偏りがあったようで、知人をたどると同伴枠があったので、4公演分現地で観ることができた。

 

細かい感想を書くととても収まらないので、雑感を今のうちに並べておこうかと。

 

今回は開催発表から1ヶ月あったかなかったかのようなタイミング、かつCD等による“積みやすい”投票権がないこと、短い投票期間の影響などもあって、栄ヲタが得意な極端なランキングハックの影響はそこまでなかったような気がする。

 

……と書こうかなと思ったけど、最終公演のセットリストを眺めてみると、大きい枠では決してそんなことはなかった(笑)。

 

それよりも、たぶん3年ぶりという間隔が空いたことのほうが大きいんだと思う。

 

当時の自分がリクアワに少し疲れていたのは、基本的にはこちらが向こうの提示させられる世界において、ヲタクの主張を強く見せらまくっていたからなんだと思う。当時は今ほどSKEの現場って小さいのも含めても今ほどはたくさんあったわけではないしね。

 

それが、ソロコンサート、ユニット対抗戦とこの秋シリーズは過去2年はリクアワをやっていない中で新しいフォーマットのコンサートにチャレンジしていて、そしてそれぞれが成功していて。そこで見方もリフレッシュできてからのリクエストアワーなので、新鮮に感じることもできるわけだ。3年も経つとメンバーも楽曲もアップデートされていくから、なおさらだ。

 

3位は“松井珠理奈凱旋”の『赤いピンヒールとプロフェッサー』。

 

すでに劇場でのあいさつと、ミュージックステーション出演で復帰はしていたものの、ここまでの楽曲での参加はゼロ。体調は万全だけど、運営サイドが大事にならないようストップをかけてるのかなと思っていた。ただ、登場してみると、ものすごい緊張しているのがわかった。そりゃそうだって話だ。

 

披露後やアンコールでのトークでも、言葉はなるべく少なくしたいようだったし、気づくと立ち位置も下がっていて話の途中で後輩に譲ってそこを突っ込まれていたりしていて。冗談の雰囲気が出ていてまだよかったけど、もしかしたら自分の言動が誰かを傷つけてしまうことに怖さを持っているのかもな、なんて感じたり…。きっと10周年記念の劇場公演には出てくれるだろうけど、本当にまだまだ焦らず現場に慣れていってほしいなぁ…。

 

2位は『夢の階段を上れ!』。メンバー数の8期生のほとんどがこの思い出の曲をプッシュしていたとはいえ、まさか赤ピンを超えてくるとは。

 

Twitterでも少し書いたけど、この楽曲が初めて披露された去年の夏は8期生推し的には奥歯を噛み締める瞬間もあった。

 

夏のZepp公演でのドキュメンタリーでは“できない8期生としてピックアップ”されたこともそうだし、そしてそもそもうまくできていないのは本当のようで幕張の8期生のみのイベントステージでは推しがセンターの楽曲がカットされるし、その後の生討論番組では「8期生問題」的に公開処刑されるし。

 

できていないのは本当だとして、中のマネジメントの問題をオープンに議論していてどうするの?

 

なんて思っていた。

 

気づけば8期生は意識の高い個は先へ先へ急ぎ、できない子は置いていかれていて、魔法の時間は終わっていた。

 

そんな中、奇跡の出来だったのが美浜海遊祭で披露したこの『夢の階段を上れ!』だったんですよね。だから、あの時から7期生を含めた当時の研究生たちがこんなに成長していたのを感じてしまってウルッと来てしまってね…。

 

ただ、推しの岡田美紅ちゃんは悩んだ末に8期生の仲間たちの想いに乗っかりたいようでこの楽曲をプッシュしていたけど、この楽曲以上に他にも自分の参加曲が上位に食い込んだことにうれしいようでした(笑)。それはそれで僕もうれしかった。

 

そしていよいよ、1位の『ここで一発』。

 

すべて奇跡みたいな2日間だったな…。たぶん珠理奈凱旋もあって卒業発表を初日したんだろうけど、そこからの2日目1曲目の『マツムラブ!』、そして最後のこの曲。

 

珠理奈の復帰がまだ正式に決まっていない段階での投票開始とか、相方のだ~す~がソロ曲を差し置いてこの曲をプッシュしたこととか、そもそもハッキンクがしにくいレギュレーションとか。すべてが重なってここに来たよね。

 

ありゃズルいわ。。

 

僕も紆余曲折があって、彼女が年イチ力を注ぐ総選挙のメインの投票先はすでに2回変わっていたり、握手に来る枚数も減ってはいるけど、こんなもん見せられたらね…。

 

しかも卒業発表直前、今の推しメンが接点なかったのにかおたんのモノマネして大爆笑取るし、ブログにそのときの裏話上げてくれるわけでさ。

 

最後くらいは、気持ちよく送り出したいなぁ。

 

……いつまで卒業引っ張るのかはわからないけれど(苦笑)

 

まだまだ書ききれてないのでメモ

・ベストモーメント楽曲:

初恋の踏切』での岡田美紅ちゃんへの全力ケチャ

・ベスト楽曲:

『奇跡の流星群』

ゲームで勝ち取った楽曲で披露の回数も少ないためリクアワでは上位に来やすいが、それ差し引いても一番いい曲。