あくまでも観客席から

サッカーとアイドルにかじりついた記録を残したい人のブログ。

あと1年、その渦の中にいる驚き。 - 2019.07.20. 埼玉県・五輪開催1年前イベント

あれからもう、2ヶ月半も経つんですね。

 

110kin.hatenablog.com

 

油断してチケット取りそこねたり、他の現場が重なったり、仕事が重なったりしていけなかったのもあったりで、気づいたら2ヶ月半経ってました。SKEでの最後の推しごとにはじゃっかんアクセル踏み込みすぎていたところはあるので、いい休憩だったようには思います。

 

という、リフレッシュ期間を経ての、松村香織さんの地元埼玉県でのイベント観覧へ参りました。会場は越谷のイオンレイクタウン。イベント参加としては去年発売した惣田紗莉渚さんの写真集のイベント以来ですね。とは言っても、実家から車を少し飛ばせば来れる距離で、我が家族の生活圏内。いつもの感じです。

 

 

蒸し暑いなか、汗を吹きながら武蔵野線越谷レイクタウン駅を降りて、イオンに向かう入り口で今日のイベントのビラをもらいました。

 

 

f:id:dd110kin:20190720234729j:plain

 

体操の内村航平選手や、サッカーの西野朗監督と並んでいるかおたん。応援団長を務める和光市が射撃種目の会場になっているご縁で呼ばれたようで。"筋肉アイドル"の才木玲佳さんといっしょにタレントとしての役割を任されていたようです。トークショーの前には、イオンの各地で開催されていたオリンピック種目体験ブースのレポートをしていました。テレビ埼玉の取材だったようなので、近いうちにテレ玉で放送されるでしょう。

 

↓イベント概要ページ

www.saitama2020.com

 

15時にはレイクタウンの一番奥の木の広場でセレモニー&トークショー。1階の座席と立ち見は人がいっぱいで、自分のいた2階もいっぱい。いちおうコンデジは持っていったものの、あんまりいい写真は撮れませんでした。

 

 

トークショーも内村さんや西野さんとの絡みとかあるのかなと思いきや、プログラムに載ってない森喜朗東京オリンピックパラリンピック実行委員長がセンターの大演説のおかげで、ゲストの登場の際にはほぼ時間がなくなってしまっているという(笑)。

 

さすがに客の僕も気づけるはずもなかったんだけど、そういえば才木玲佳さんは取材のときの衣装からドレスに着替えていたんですよね。かおたんはそのままでしたけど、客席の最前には各大使館のスポーツ担当のような方も来ていたので、オリンピック関連の仕事をするときは、こういったTPO用の衣装も必要なんだろうとかぼんやり考えていました。そういう部分も自分で考えなきゃいけないフリーってやっぱり大変ですね。

 

とまあ、長いセレモニーの中でそんなことを考えてたわけですけど、以前から射撃関連の仕事を和光市でもしてきたなかで、改めてこれだけのゲストが集まることにオリンピックも近いんだなと思ったし、その並びにかおたんがいるのもなんだか不思議です。

 

こんな不思議な景色のなか、僕らのような"おまいつ"には柔らかい笑顔で手を振ってくれたかおたんの対応はありがたいもんです。

 

駅前で呑んでから乗った武蔵野線、普段よりちょっとだけ心地よかった気がしました。

 

 

ameblo.jp

 

 

FRUSTRATION(Type-B)(初回生産限定盤)

FRUSTRATION(Type-B)(初回生産限定盤)