あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

第3回アイドル楽曲大賞2014に投票しました

第1回から投票に参加させていただいている、「アイドル楽曲大賞」に今年も投票させていただきました。

 

第3回アイドル楽曲大賞2014

 

ざっくり僕の投票曲をご紹介。

 

メジャー楽曲部門

5位 『ベイビーステップベイビーレイズ


ベイビーステップ - YouTube

知人に「今熱いのはここだから」と薦められて初めて踏み入れた定期ワンマンで初披露だったのがこの曲。ギターをかき鳴らすようなアップテンポな元気な曲のイメージだったけれど、このしっとりと一歩一歩噛みしめるようなメロディーと歌詞が好き。武道館へと"一歩一歩"駆け上がってます。(チケットの売り上げは心配ですが)

 

4位 『Perfect Sky』PASSPO☆


PASSPO - Perfect Sky (1st live) - YouTube

ガールズロックユニットを一番最初に掲げて走ってきたPASSPO☆がはじめてバンドになったのはやっぱり歴史に刻んでおきたい。できれば彼女たちが演奏する音源も下手でもいいから入れてほしかったなぁとは思いつつ。元日のツアーファイナル、まこっちゃんの演奏は聴けるのかな。

 

3位 『ここにいる理由』乃木坂46


乃木坂46 「ここにいる理由」 ver NS - YouTube

「アンダーライブ」というスターがいなくても輝ける舞台を手に入れてからの伊藤万理華たちの全国ツアーでの輝きをこの曲が象徴してます。アンダーライブ2ndシーズンでの井上小百合センターでの『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』もいいし、生田絵梨花センターの『何度目の青空か?』も『君の名は希望』以来の乃木坂らしい名曲だとは思うんですが、やはり「伊藤万理華は真ん中でこそ輝く」を見せつけてくれるこの曲に1票。

  

2位 『Escape』SKE48 


【MV】Escape (Short Ver.) / SKE48[公式] - YouTube

 

この曲、リリース時期的には去年の曲になるんですけど、ノミネートされたからには入れるしかありません。TKサウンドバリバリのオマージュに、キーボード専門のメンバーまで追加で選抜入りさせている、もう楽しむしかない曲。ダンスもアイドルダンスの制限を取っ払った48グループ最難度。ライブでのキラーチューンになっています。MIX曲とかコール&レスポンス曲とはまた別に「沸くしか!」な曲です。

 

第1位 『47の素敵な街へ』AKB48 チーム8


20141108 AKB48チーム8「47の素敵な街へ」本田仁美カメラ in国営ひたち海浜 ...

もうね、この曲というか、チーム8はAKB48という概念自体をアップデートしてますよ。他現場に流れてた古参をまた引き寄せ、今のAKBヲタコミュニティからはやや分離している感じもまたかき回してる感じが面白い。何よりフレッシュさの頂点がここにある。さすが各都道府県から代表として選ばれただけあります。

 

 

さて。ここまで読んできた方にはお気づきかもしれませんが、そう、あまり「楽曲のよさ」のみでは選出しておりません。特に今年は。裏にある背景の方が大事だったりしました。楽曲の好きさだけで選んでいるのは、『Escape』くらいかも。とは言っても、これもSKEだからってのが大きいです。

 

というわけで、箱推し部門は背景もろ出しでございます。

 箱推し部門

SKE48

大組閣前後のファンのネガティブな罵声ツイートには正直言ってうんざりしましたし、僕自身も知人数名と連絡取らなくなってしまいました…。次期エースをぶんどられて歴史を破壊された上に、CDの売り上げ枚数の低下も止まりません。でも、それでも不器用にSKEを愛していくヲタコミュニティと、そしてメンバーへの愛は僕個人としては逆に高まっているような気がします。他に見る箱も増えてるのに、ここを一番に「箱推し」と言えるのは、その立場として語る場を持つようにもなったからかもしれません。愛すべき「そこらへん」とともに、これからもSKE48を応援していきたいです。

 

 

 

低くしゃがんだほうが高く跳べるんだぜ、カン・ガ・ルー・Yeah!

 

12月のカンガルー (CD+DVD) (Type-A) (初回盤)

12月のカンガルー (CD+DVD) (Type-A) (初回盤)

 

 

投票は本日23:59までです。

第3回アイドル楽曲大賞2014