あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

[DMM視聴]2014.06.27 SKE48チームE『手をつなぎながら』 斉藤真木子生誕祭

たまたまSKE48劇場が休館日で生配信が観られなかったので、この日は数日前の斉藤真木子生誕祭公演を観てみました。

 

出演メンバー

磯原杏華市野成美岩永亞美梅本まどか大脇有紗加藤るみ木本花音小石公美子小林亜実斉藤真木子・酒井萌衣・髙寺沙菜・谷真理佳福士奈央山田澪花井田玲音名

SKE48 | スケジュール | 2014.06.27 チームE「手をつなぎながら」公演(18:30開演)斉藤真木子 生誕祭

 この日は須田亜香里さんや松井玲奈さんが休演のため、磯原杏華さんと主役の斉藤真木子さんが前目のポジション。

冒頭の『僕らの風』では、幕が上がった瞬間から真木子さんがセンターにいるんですが、一面の彼女の推しサイリウム(SKEではメンバーごとに「私を推す人はこの色のサイリウム持ってね」という文化があります)の緑と赤で広がった客席を見て、照れて一瞬顔を伏せていました。下を向きながら溜めたあと、満面の笑顔でのパフォーマンス。衣装替えのタイミングでは、メンバーに向かって「クリスマスかっ!」と笑顔で照れ隠しのツッコミコメントをしていたと、MCコーナーでメンバーが言っていたみたいです(笑)。

 

生誕祭

この日はAKB48に移籍した木崎ゆりあさんからのお手紙。後輩、特に踊るのが好きな子からは抜群に好かれ、「誰もが一度は通る道」と言われる斉藤真木子さん。SKEからAKBへ期待の移籍をした後輩の木崎さんもその道を通った1人でした。ダンス企画でともにがんばっていたメンバーでもありましたね。

 

そして、やはりすばらしかったのがその後のファンへ向けたコメント。

SKE48 | ブログ | 運営事務局 - SKE48運営事務局ブログ | 斉藤真木子 生誕祭

斉藤真木子さんのSKEでの6年間の奇跡を追っていくと、かなり紆余曲折なんですよね。初代チームK2でエース級に据えられた後、研究生として降格。研究生時代に後輩たちを鍛え上げて伝説の「チーム研究生」の顔となって、チームEに昇格。ただ、誰もが認める爆発的なパフォーマンスを持っていながらも、シングル選抜にはまだ入っていないんです。それでもこれだけ熱い魂を持ちながら、素敵なチームE公演の原動力になれているのは、2度の総選挙でのランクインだったのだなと、真木子推しだけじゃなく、総選挙でのランクインすることの意味をあきらめていなかったSKEヲタに希望を与えてくれたんじゃないかな、なんてそんなことを感じました。

コメント後の『遠くにいても』でも、涙ながら、時折歌えなくなりそうになりながらも、周囲のメンバーに優しく支えられながら歌う真木子さんに、今のチームEと真木子さんのすばらしさを感じました。

 

正直に言って、今のSKEの3チーム(研究生は除く)で、一番配信を見ていて楽しいなと思わせてくれるのは、チームEだと思っています。『BUBKA』でリーダーの須田亜香里さんと副リーダーの梅本まどかさんが「チームEは原点回帰!」とインタビューに答えていましたが、初代チームEの「わちゃわちゃ感」に加えて、新リーダー須田亜香里が注ぎ込んだ「SKEらしいひたむきな全力感」が、『手をつなぎながら』という跳躍ステップの多いセットリストにうまく融合できていると感じます。

そして、魅力的なメンバーを挙げればキリがありませんが、今のチームEの安定した輝きを支えているのは、この日の主役・斉藤真木子さんと、同期の磯原杏華さんに他ならないと思っています。研究生を経験し、初代チームEから前チームSを経験している2人も、「SKEとは何か」みたいなものを身体で知っていると思うのです。だから、フロントメンバーが不在の時に前列に出てきても、キラキラした輝きを見せてくれる。単にヲタが総選挙でぶっ込んだだけの人じゃないと思うのです。

そんな2人が、どちらか1人だけでもいいので、選抜メンバーとしてSKEファン以外の人にも輝きを見ていただく機会ができるといいのですが…。

 

 

手をつなぎながら

手をつなぎながら