あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

[DMM視聴]2014.06.29 SKE48研究生 アップカミング公演 ~夏~ 初日

ふと思うことがありまして、生観戦・DMM関係なく、観た公演について綴っていければなと思って書いていくことにしました(いつまで続くのか、という話はさておきまして…)


 セットリスト

さて、第1回目の今回は、一部のSKEファンから待望されていた、研究生公演の新セットリストの初日公演。セットリストはこんな感じでした。

 

影アナ:松村香織

M00.『overture』
M01.『マツムラブ!』松村香織+ALL
※衣装についたコースターor缶バッジを投げ込み
M02.『少女は真夏に何をする?』野口由芽竹内彩姫井田玲音名青木詩織犬塚あさな後藤真由子佐々木柚香鎌田菜月

M03. 『オキドキ!』ALL

自己紹介MC
 お題:夏について、この公演について

自己紹介順

犬塚 竹内 山田 後藤
 佐々木 松村 青木
荻野 鎌田 野口 井田

M04. 『渚のチェリー』黄:野口由芽 青:(左から)荻野利沙鎌田菜月井田玲音名
M05. 『わがままな流れ星松村香織青木詩織
M06. 『心の端のソファー竹内彩姫佐々木柚香井田玲音名
M07. 『涙の湘南』(左から)後藤真由子山田樹奈犬塚あさな鎌田菜月荻野利沙

映像「アップカミングチャレンジ~先輩からの指令をクリアせよ~」
大場美奈内山命からの指令:全員で腕立て伏せ100回をクリアせよ!

M08. 『ごめんね、SUMMER』ALL
M09. 『花火は終わらない』青木詩織犬塚あさな荻野利沙佐々木柚香竹内彩姫野口由芽松村香織山田樹奈(ラストはALL)

本編終了

EN1. 『寡黙な月』井田玲音名犬塚あさな後藤真由子佐々木柚香竹内彩姫野口由芽松村香織山田樹奈
EN2. 『パレオはエメラルド』ALL

MC 公演の感想:竹内彩姫

EN3. 『SKE48』ALL

空美夕日の卒業セレモニー

EN4. 『桜の花びらたち』(Short ver.) ALL+空美夕日

終演

SKE48まとめろぐっ! : SKE48 アップカミング公演~夏~ セットリストまとめ! より引用・一部編集

11名ということもあってやや少なめの約1時間半で終了する長さで、シングル曲と過去にSKE劇場で披露されたユニットが多く、サプライズ感はそれほど大きくありません。ただし、現在のコンサートやイベントでは、シングル曲およびそのカップリング曲はほとんどフルサイズで披露されることがないので、劇場ではそれが許されるというのがとてもうれしかったですね。

個人的にSKEのカップリングで1、2を争うと思っている『少女は真夏に何をする?』や『花火は終わらない』を盛り込んできてくれたのはとてもうれしかったです。サブタイトルに「夏」と盛り込んでいるだけあっての選曲、SKEのシングル曲には夏曲としていい曲がいっぱいあるんだなぁと感じながら画面を見つめておりました。

選曲に関しては、竹内彩姫ちゃんが以前やってみたいと言っていた『心の端のソファー』が入っていたので、メンバーの意見中心なのかなとも思いましたが、スタッフからの提案が大きいみたいですね。もちろん研究生ですし、やれない曲を提案するのも難しいとは思いますが、「この曲できるようになったのでセトリに入れてみたいです!」と提案して、どんどん公演を進化させていってくれるような楽しみを見せてくれるとうれしいですね。

注目メンバー

どのメンバーも以前の研究生公演に比べても楽しさと進化を感じられたのですが、特に気になったメンバーをピックアップ。

山田樹奈

身体も小さく幼い顔立ちのじゅなっこ。前チームEの『僕の太陽』のデビュー公演では、アンコール明けの『Lay down』で衣装に着せられているようなパフォーマンスをやっていた子が、この公演で気持ちいいくらいに大きく安定した動きを見せてくれました。ただ大きく踊るだけならちょっとがんばればできると思うんですが、足腰がしっかりしているのか、安定して「閉じる」「開く」をできてるんですよね。その上に最高に爽やかな笑顔。もう最高です。早く公演観に行きたい。

野口由芽

研究生公演が観られないことを嘆く理由のうちの大きな1つに挙げられていたのが、この「ゆめちがステージに立つ回数が減る」という声でした。僕自身は、「それはハードル挙げすぎでしょう…」と思う節もあったんですが、ふたを開けてみたら、それを超えてくる堂々としたパフォーマンスを見せてくれました! アンダーとしてもかなりの回数劇場には立っていましたが、この日真ん中に立ち続けた彼女にはもはや風格すらありました。爽やかに風を切ってターンする時の威風堂々さは好調時の松井珠理奈さんに似たものを感じましたね。

 

ほかにも犬塚あさな青木詩織などなど個々の成長を感じられた公演でした。気になるメンバーについては、7月以降もアップカミング公演があるようなのでその都度書いていければと思っています。

 

このセットリストにしたからには…

上でも書きましたが、この公演にしたからには、毎回アレンジを加え続けていって、進化型のセットリストにしていってほしいなと思っています。どうやら正規メンバーも出演するようですから、その分ユニット曲等を増やしていってみてほしいなと思います。できれば、メンバー発信での提案でできればなおいいですよね。ほかのグループに比べるとそこがSKEの弱い点ですから、この公演を使ってどんどんトライしていってくれたらいいですよね。