あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

送られる側でも、最後まで板野△。(AKB48 ドームツアー千秋楽)

僕が参加した東京ドーム4daysのうちの3日間の最終日がこの日。レポートも最後になります。

 

●セットリスト

01. Dear J(板野友美)

02. RIVER(32ndシングル選抜+AKB48 ALL)

03. Beginner(チームA)

04. UZA(チームK)

05. 風は吹いている(チームB)

06. フライングゲット(AKB48 ALL)

07. スキ!スキ!スキップ!(HKT48選抜)

08. バンザイVenus(SKE48選抜)

09. 北川謙二(NMB48選抜)

10. 少女たちよ(ALL)

11. 美しい稲妻(SKE48選抜)

12. 僕らのユリイカ(NMB48選抜)

13. Seventeen(HKT48選抜)

14. ALIVE(チームK)

15. 彼女になれますか?(チームK)

16. シアターの女神(チームB)

17. 呼び捨てファンタジー(チームB)

18. くまのぬいぐるみ(チームA)

19. Only today(チームA)

20. 青空カフェ(AKB48グループ研究生選抜※チーム4昇格メンバー含む)

21. 鏡の中のジャンヌ・ダルク(指原莉乃・松井珠理奈・松井玲奈・山本彩・渡辺美優紀)

22. Faint(板野友美・渡辺麻友・柏木由紀)

23. 愛しさのdefense(板野友美・加藤玲奈・永尾まりや)

24. ガラスのI LOVE YOU(板野友美・高橋みなみ・島崎遥香・横山由依)

25. ツンデレ!(板野友美・小嶋陽菜・峯岸みなみ)

26. 制服レジスタンス(板野友美・大島優子・宮澤佐江)

27. 1%(板野友美)

28. LOVE修行(AKB48研究生※チーム4メンバー含む)

29. ナギイチ(NMB48)

30. オキドキ(SKE48)

31. メロンジュース(HKT48)

32. Pionner(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)

33. 転がる石になれ(大島優子・宮澤佐江・梅田彩佳・小林香菜+4~7期生)

34. 初日(渡辺麻友・柏木由紀・片山陽加・田名部生来・多田愛佳+9~10期生)

35. 推定マーマレード(32ndシングル フューチャーガールズ)

36. 愛の意味を考えてみた(32ndシングル アンダーガールズ)

37. 今度こそエクスタシー(32ndシングル ネクストガールズ)

38. 君だけにChu!Chu!Chu!(小嶋真子・岡田奈々・西野未姫・北川綾巴・渋谷凪咲・田島芽瑠・朝長美桜)

39. 夕陽を見ているか?(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)

40. ポニーテールとシュシュ(選抜16名)

41. 真夏のSounds good!(選抜16名)

42. Everyday、カチューシャ(選抜16名)

43. 大声ダイヤモンド(選抜16名+AKB48正規メンバーALL)

44. ギンガムチェック(選抜16名+AKB48正規メンバーALL)

45. ひこうき雲(ALL)

46. 会いたかった(ALL)

47. ヘビーローテーション(ALL)

48. さよならクロール(ALL)

<アンコール>

49. 最後のドア(板野友美・高橋みなみ・小嶋陽菜・峯岸みなみ・大島優子・宮澤佐江・柏木由紀・渡辺麻友・指原莉乃・横山由依・島崎遥香・松井珠理奈)

50. あなたがいてくれたから(板野友美・高橋みなみ・小嶋陽菜・峯岸みなみ・大島優子・宮澤佐江・柏木由紀・渡辺麻友・指原莉乃・横山由依・島崎遥香・松井珠理奈)

51. 桜の花びらたち(ALL)

<ダブルアンコール>

52. Dear J(板野友美)

53. フライングゲット(板野友美除くALL)

54. 恋するフォーチュンクッキー(板野友美除くALL)

55. ファースト・ラビット(板野友美除くALL)

 

56. AKBフェスティバル(板野友美除くALL)

(ナタリー mobile - AKB48板野友美「未来で待ってる」卒業セレモニーで約束より)

 

●ユニットはやはり板野祭り
この日のユニットは、やはり板野祭り。この日は演出が特に凝っていました。映像をふんだんに使っていました。ユニットとユニットのあいだは本人が着替える間が必要なため、壊れた時計の針を回しながら、過去劇場で行ってきたユニット曲がランダムで流れるというあの映像が好きでした。『Faint』のような今の板野さんにつながるカッコいいユニットから、『ガラスのI LOVE YOU』のような初期のアイドル感満載なユニットまで、AKBにいなければ経験できなかった幅広さ。しかも、そのキュートな曲の衣装に着替える際も、ステージのセット上に鏡台を作って半生着替え的に衣装を替えてからの髪型セットを魅せてくれる。女性からの支持が多い、板野さんらしいファンサービスでした。特にSKE研究生の『会いたかった』公演で見慣れている僕としては、『ガラスのI LOVE YOU』が出てきた時にはものすごく高まりましたね。高橋みなみさんの歌い出しの時には「みなみなみなみな、みなみー!」と周囲には同じコールをしてない中で勝手に高まってコールしてました(笑)。

 

●アンコールでも観客を驚かせる板野△。
アンコールでは、卒業ソングとして書かれた『最後のドア』から『あなたがいてくれたから』、そして『桜の花びらたち』で去って行きました。『桜の花びらたち』で卒業企画委員の方たち主導で全座席にはこんなチラシが配られ、ほぼ全員が掲げていました。

http://instagram.com/p/dlE-x6o6PZ/
板野友美卒業セレモニー@東京ドームで使ったチラシと最後に放出されたクラッカーの中身。

スタンド席にはこれまた卒業企画委員が用意したサイリウムで「T」「O」「M」「O」の文字が浮かび上がります。それを僕はアリーナ席から眺めていたんですが、涙が溢れてきてしまいました。だって、東京ドームの4万人ですよ。AKBは今では観客の濃度もアニソン系やももクロとは違ってバラバラです。それが、この日のために息を合わせていたんですから。鳥肌が立ちました。

が、当の板野さんは実は『桜の花びらたち』の途中で去って行ってしまったようです。その後歌唱メンバーも去って行って暗転したので、客席もどうアンコールしていいのかわからないようになってしまっていました。そこで急にカッコいい映像とともに板野さんがダンサーを大量に従えて帰ってきます。そこで圧巻のソロデビュー曲『Dear J』。もう口ポカーンとしたまま見てました。カッコよすぎです。(正直、アイドルグループのコンサートとしては枠を超えすぎていて、『桜の花びらたち』でそのまま去っていてほしかったという思いもあります)

曲の終了後には、卒業した前田敦子さんや篠田麻里子さんも花束を持って駆けつけて、ステージ裏へ板野さんが去って行きました。

とにかくステージの動きと映像を使った演出がカッコいいので、板野さんが好きな方はこの日の分だけでもDVDやBlu-rayを購入するのをオススメします。最近は発売までの期間が縮まっているので、遅くとも冬までには出るでしょう。

 

ともちん(仮) (講談社 Mook)

ともちん(仮) (講談社 Mook)

板野って、オシャレなの!?(仮) とも、ついにみせちゃいます (講談社 Mook)

板野って、オシャレなの!?(仮) とも、ついにみせちゃいます (講談社 Mook)