あくまでも観客席から。

サッカー好きだったはずが、ふと気づいたらAKB48・SKE48をはじめアイドル全般にはまってしまった(自称)善良市民のブログ。

NHKホールでてっぺんとれるかな?(NMB48@NHKホールレポ)

 

さてさて、今日は1週間も経ってしまいましたが、NMB東日本ツアー千秋楽東京会場・NHKホールでの感想を書いておこうと思います。体調も不安定なので、書けるときに書いておかないと忘れてしまいそうなのでね。

 

M1 HA!

M2 てっぺんとったんで!

M3 絶滅黒髪少女

—— MC ——

M4 なめくじハート

M5 奥歯

M6 場当たりGO!

M7 野蛮なソフトクリーム

M8 ひな壇では僕の魅力は生きないんだ

M9 さや姉

—— MC ——

M10 太宰治を読んだか?

—— MC ——

M11 アーモンドクロワッサン計画

M12 Lily

M13 With my soul

—— MC ——

M14 僕らのユリイカ

M15 オーマイガー!

M16 純情U-19

M17 ヴァージニティー

M18 北川謙二

—— MC ——

M19 12月31日

—— アンコール ——

E1 ナギイチ

E2 届かなそうで届くもの

E3 青春のラップタイム

—— MC ——

E4 僕は待ってる

—— MC ——

E5 NMB48

岡田隆志さんのぐぐたすより 

 

開場後に流していた『てっぺんとったんで!』完全版の映像からの『HA!』→『てっぺんとったんで!』の流れは鉄板。しかし、NMBの運営が後から作った「紅白出る」=「てっぺんとったんで」の流れがどうしても受け入れられない僕にとっては、「まあ、そうですよね」という程度(と言いながらも、ハマるなぁこの演出と、と思ってる)。

 

MCを挟んでカップリングのラインナップ。最新シングルのカップリング『奥歯』は合唱曲風で、じんわりくる名曲。この日もじんわり来てしまいました。

 

何よりズルいのがあれですよ。若手の子たちが歌う『さや姉』からの山田菜々・山本彩登場からの『太宰治を読んだか?』。『さや姉』は悪ノリで作った(であろう)にも関わらずすごくいい曲で。その後のさや姉もそりゃどや顔で出てきますよ。で、後ほど出てきたななたんと2人で、もともと横山由依さんとの3人曲を2人でやるのかと見せかけて途中からゆいはんが合流するという…! なんという仕掛けだ! これはさや姉のどや顔はどや顔ではなくて、親友のゆいはんと歌えることのにやけ顔だったんじゃないか説急浮上です。その後もゆいはんは全体曲には出続け、MCでも「わたし、もう辞めたんで」というネタをタイミングよく織り交ぜてました。

 

MCはいくつか挟んでましたが、引用させていただいた岡田隆志さんが絶賛のチームMのMCが一番楽しかったですね。高野祐衣さんの「愛のあるツッコミ」で個性派揃いのチームMを仕切っていて、すごく暖かいんですよね。劇場でおなじみうどん姫・川上礼奈さんのアピールでは照明やカメラも交えての大ボケ。この流れ大好きです(笑)。

 

紅白歌合戦が行われているNHKホールで東西合わせたツアーの千秋楽を行うということで、僕も観に行ったわけですが、推しているSKEとは何かが違うような気がして…。もちろん、コンサートはすごく楽しかったんです。楽曲もすごく素敵だし。そして、たぶん去年SKEが出た枠でNMBが紅白に出演するというのも現実的でしょうし。アンコールの口上もきれいにまとまっていましたし。

 

NMBには何が足りないのだろう…。

 

他にもこちらに当日感じたツイートをまとめてあります。

 

NMB48ライブツアー2013 PHOTOBOOK 西日本横断編 張り付き騒ぎ撮り ([バラエティ])
NMB48
東京ニュース通信社
売り上げランキング: 1,775